スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハチロク ホーン交換

こんばんは、桜も咲き始め春の香りがし始めました。

そんな中鳴らなくなったホーンの修理です。

ハチロクはハザードのヒューズとホーンのヒューズが共通の10Aものです。

故障内容はクラクションを鳴らすとヒューズが飛びハザードが点灯しないというものでした。

まあヒューズの劣化という事も001パーセントくらいはあると思いとりあえずヒューズを交換。

チュンッ


駄目みたいなので回路図を引っ張り出して確認。
回路

ハザードは正常に点灯する為ハザード側の断線、短絡はないと考え、ホーン側で確認。ホーン電源線には12Vきている。となると、ホーン本体で短絡と考えられます。ホーンより後ですとホーンが鳴ってしまうでしょう。

ホーン本体の交換、端子も腐ってきてるし仕方なく新しいものを買いにアッ〇ガレージへ。
とりあえずホーンをつけたいかたへ!という謎の商品980円(新品)を購入し帰宅。

これが取り外したホーン
ほn

ボロッ、なんだかよく付いているの見ますね。

ホーンを交換。配線をつなぎ直し・・・。プー!!!久しぶりにハチロクから産声が上がりました。
これでサンキュークラクションが鳴らせます。

ほーん
修理費
ホーン:980円
10Aヒューズ 100円
スポンサーサイト

結局イグナイタ

こんにちは。

本日は暴風雨警報です。皆さん転倒などに気を付けてくださいね。

電装系が弱いと言われる400刀。

あれからバッテリーを新品にし・・・イグニッションコイルを変え・・・レギュレータを買い・・・壊れ・・250S用のレギュレータを入れましたがやはり指導性が悪い。

そこで今更になって気が付いたのですが。イグナイタです。イグナイター。

イグナイタが壊れた時に起きる現象!
1、指導性が悪い
2、押し掛けならエンジンが掛かる
3、たまに1気筒死ぬ
4、走行中エンジンが止まる
5、イグニッションオン後1分放置して指導するとエンジンが普通にかかる

などの現象が見られる方。まさにそれの原因はイグナイタ―にあります。

ということで新品を探すと、¥36000!!!!買えるわけがない。

そんな気持ちでヤフ〇クを探していると、イグナイタ―修理というものが!

しかも中のコンデンサとトランジスタを強化品に変えてあるという。

どうやら壊れた自分のイグナイタを送って、向こうからほかの方から送られてきたイグナイタを修理・強化したものをストックしていてすぐに送ってくれるというシステムみたいです。

次の給料が出たら速攻で落札ですね。それまで耐えてくれカタナ!

kata.jpeg

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。