スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドモールステッカー

レビンのサイドモールに前から何かしらの違和感を感じていたんですが、その違和感にようやく気付くことが出来ました。

そうまさにサイドモールの「LEVIN」の文字。

image2_20121210213327.jpeg

このレビンの文字だけでモールが寂しくなってしまったのだと私は考え、早速 某オークションを物色すること10分、純正品ではありませんがモール用の「LEVIN」の文字ステッカー。

お値段何と二枚送料込500円。即買いです。
サイドモール


うむ。引き締まった!

やっぱりこういったノーマルの部品も大好きなんだなと改めて気づかされたそんな作業でした。
スポンサーサイト

カタナののタイヤ交換を行いました。

GSX400S KATANAのタイヤサイズは
F:100/80 18 R:140/70 17です。

え?フロント18インチ?と400刀にお乗りの方は誰もが思うでしょう。フロントが18インチで100/80だと選択出来るタイヤがBRIDGESTONEのBT-45、DUNLOPのGT-501しかありません。

この二つのタイヤですと俗にいう「ツーリングタイヤ」の部類に入ると思うので、グリップの期待は出来ません。
更に極めている方はバンディットの足回りなどを組んで17インチ化したりするのですが僕にそんな財力はなく、そこで思いついたというか、行きつけのタイヤ屋に言われたのがリヤ用のタイヤをフロントに履くということ。

そこで思いついたのがTT900GP!ハイグリップタイヤ
F:100/90 18 R:140/70 17の仕様です。フロントの扁平が10変わり、見た目がほんの少し大きく見えると思いますが、特に気にせず!

a_20121201192936.jpeg

ツーリングタイヤと比べるともう比べ物にならないグリップです。(その分摩耗は早いですが)
真面目なことをいうとリヤ用をフロント履きするのは良くないのかもしれませんが、DUNLOPのTT900はタイヤの構造上フロントに履いてもイケるのでは?と勝手な判断での交換です。笑

400刀乗りの方はこの仕様にしているかたも多いみたいなので参考程度にしていただけると幸いです。

imagess.jpeg

交換した8年物のGT-501はセンター減りがひどく物凄いことになってました。笑

images_20121201192934.jpeg


 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。