FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Apeクラッチカバーケース交換&バーエンド取り付け

今日は本格的に冷え込みました。

寒く過ぎて久しぶりにバイクに乗りたくないと思いました。

Apeのクラッチカバーケースの交換とバーエンドの取り付けを行いました。

まずはこのクラッチカバー
ブログ

こいつがかなり繊細な部品で周りについてる8㎜のボルトを10nmぽっちで締めただけで振動で割れます。そこからオイルが吹き出し大惨事になりました。

カバーを友人から購入するもまたもや謎割れ・・・

ほんとに(多分5nmくらい)で締め付けてオイル漏れが出たらその部分を締め付けたという感じでした。

a.jpeg

トルク管理がこれほど大事だと思わなかったので良い経験になりました。(反省)

続いてSHIFT UP製のバーエンドを取り付け。

14㎜対応とありましたが、ゴムカバーと、中のアルミを取り外し初めて14㎜用になる面倒くさいやつです。
アルミがなかなか外れず、結局最終手段ニッパで破壊しました。(汗
image8y.jpeg

左側はすんなり装着しなければいけませんが、右側はスロットルコーンがハンドルの穴を塞ぐ形になっているのでスロットルコーンの穴あけ加工が必要になります。(プラスチックなので簡単に加工可能です。仕上げにカッターでバリを取り、やすりで仕上げれば完成です。)

imageg.jpeg
結構スポーティーな見た目になりました。走行した感じは、なんら変化ありませんでした。笑
ヘビーウエイトバーエンドとかつければ話は違うんだと思いますが。

まあ見た目重視ということで!

スポンサーサイト

コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。