スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーンボタン

今まではナルディのハンドルにモモのホーンボタンで満足していましたが、たまたまナルディのホーンボタンを500円で購入出来たので装着しました。

ホーンボタン

やはりナルディの方が大きく感じます。
もも

モモのホーンボタンはスポンジを噛ませて無理やりはめていた感もあったので、ナルディにしてからは段差でホーンボタンが吹っ飛んでいくようなことはもう二度と起こりません。笑

ナルディ

イタリア街

たまにはドライブで写真を撮りに行こうと思い、汐留のイタリア街という小さな企業街へいってきました。

小さな街でしたが、色々おしゃれで本当に楽しかったです。

愛車の写真を撮りに是非行ってみたらいかがでしょうか?
イタリア街2

夜は人も少なく撮りやすいです。警察さんも見て見ぬふりをしてくれてました。笑

イタリア街
イタリア街3



耐熱エキゾーストバンデージ

AE86は高回転時エキゾーストマニホールドの熱でエキマニ上のデストリビューターに熱がいき、破損、発火すると言われています。(多分 笑)

その対策法として、耐熱バンデージをエキマニに巻くか、デスビに巻くか、などの方法があります。

今回は耐熱のバンデージを購入、取り付け致しました。

ヤフオクにて
COOL IT耐熱バンデージ 1m300円×4
耐熱バンド 900円(10本入り)

を購入。

4mもいるのか?とか思いますがはっきり言って全然足りませんでした(当たり前)
がっちり巻くなら15mは必要だと思います。


image_20120908132813.jpeg

4mを限りなくギリギリで巻くという情けないミッションを開始しました。

デスビ付近は少し厚く巻き下までは完全に巻ききれませんでした。汗

image2_20120908132801.jpeg

まあ見た目はそんなに悪くないでしょう。

ちなみに注意点ですが、
耐熱バンドはセラミック製などが多いですが、ガラス繊維を使っているバンドもあります。
普通に素手で半袖で作業していた私は手がガラス繊維まみれになり、チクチク痛み、水で流しても取れません!

3日経ったあたりにやっとかゆみがとれました。バンデージを巻く方は本当に注意です。

巻き終わった後はしばらく白煙がエンジンルームから出ますがこれはバンデージ表面に残った油等が燃えているだけですので安心してください。10分間ほどで白煙は収まると思います。

効果は、中途半端な巻き方だからよくわかりませんでした。。


ヘッドカバー 筆入れ

塗装が終了したので今回は筆入れに入っていきます。


とりょう


2りんかん、ホームセンターで購入。写真にはないですが、これ+いすづのエルフなどに用いられる、「マリンブルー」を購入。3つで2000円前後でした。


筆入れ失敗

やってしまいました。本来「16VALVE」が青文字になるはずなんですが、16にまどわされ「1600」を残し黒く塗ってしまいました。
塗りなおします・・・・。ちなみに錆さびだったのでタワーバーも塗装しています。

ぬりなおし

「16VALVE」を青く塗り直し、いよいよ装着です。

えんじんww

1000円で購入した元々赤いプラグホールカバーを黒く塗装し、プラグコードの汚れを落とし、シリコンプスプレーなどで樹脂部品を磨き直し、完了です。

完成





ヘッドカバー塗装

今回は取り外したヘッドカバーを磨き、耐熱塗装をしていきます。


カバー 取り外し時

さすがに汚いです。年式相応の汚れが目立ちます。まずは簡単にパーツクリーナーで清掃し、ピカールなどの研磨剤を用い、研磨していきます。

ぴかーる

写真下側のカバーが研磨後、上は研磨前です。同時にワッシャの残りカスなども綺麗に清掃します。

塗装

写真上側が塗装一回目、これだけどイメージが変わりますね。

カバー塗装

取り付けは次回行います。笑

<<前のページへ ▲  次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。